<< 立春過ぎて冬きたる | main | 続 祟りです  >>

祟りです

一週間のうち3度も大雪があり今迄の鬱積を晴らすような降りで

暫らくは雪の心配は無さそうです。

少雪の原因を考えたとき思い当たる出来事がありました。

笑わずに読んでやって下さい。

去年の秋に海釣りをしていた時です。

岬の左側沖100M付近でアンカリングして竿を下ろしていました。

ここは時々大物が釣れるお気に入りのポイント。

ふと、岬の右側を見ると70M程はなれた所になにやら垂直に立っている物体を発見。

最初、細さからいって鵜かなと思いましたが良く見ると木の枝がバランス良く

垂直に立って波間に揺れていました。

その棒に言ってやりました、「もしここまで来れたら福の神として我が家に祭ってあげましょう。」

当時引き潮で無風、理論的物理的にはこちらには来れずに沖に流されるはず。

その後気にも留めずに釣りを続けていましたがあまりの不漁、雑魚一匹釣れませんでした。

仕方なく帰ろうと思い片付けようとふと舟の反対側を見るとなんと

あの垂直棒が理論的物理的に逆らって直ぐ真横に佇んでいるではありませんか。

まさか本当に来るとは。

続きは明日。

 

 

at 21:18, ログペンション スターボード オーナー, -

-, -, - -